ウォーターサーバーコラム

知っているようで知らない「RO水」って?

pixta_17034354_S

RO水ってなんだろう?その特長を理解する

ウォーターサーバーを使用する際、必ず迷うのが「天然水とRO水、どちらにするか」ではないでしょうか。
何となく天然水のほうが美味しそうだけど、値段が高いなぁ、、、なんてお悩みの方、実はけっこう多いのです。
天然水は何となくわかるけど、そもそも「RO水」ってどんなお水?
まずはRO水の特長を理解しないと、天然水との比較すらできませんよね。
ココではRO水の特長をご紹介します。

RO水とは、0.0001ミクロンのという極小浄化孔フィルター逆浸透膜、略してRO膜でろ過された水のことを言います。これほどまでに細かいフィルターを通すことで徹底的に不純物を除去することができるため、限りなく「きれいな水」といえるでしょう。
しかし、純粋であることがイコール「おいしい水」というわけではありません。ろ過しただけだと、「湯冷ましのような味気ない水」となってしまいます。そこでRO水には、ろ過した水にミネラル分を加えるなどして製造するケースが多いのです。ミネラル分の配合加減によってお水の味わいや飲みやすさが大きく異なりますので、ひとくちにRO水と言っても、それぞれ特徴が違ってくる点は理解しておきましょう。RO水は人工的に製造しているため、価格が抑えられるのが利点となっています。
また、非常に細かいRO膜を通すことで、ほとんどの不純物が除去できるため、安全で衛生的という特徴も持ち合わせています。

RO水ってなんだろう?その特長を理解する

一方、天然水はどうでしょうか。まず、もっとも大きな違いは、採水地を明確にしているところです。限られた採水地で汲み上げられたお水が天然水なので、土地柄によって味わいも異なるという訳です。天然水と言うだけでどれも、美味しくて良質なお水かと言えばそうでもありません。その土地が豊富な土壌でないとミネラル分が不足して、美味しさを感じることはできません。しかも、天然水は最低限の加工で自然のままの成分を保ったものしか呼ぶことができませんが、非常に繊細でデリケートなお水なので、高度な処理技術を持った採水地でないと、せっかく汲み上げても美味しさが損なわれるだけでなく衛生面にも不安が残る可能性もあるので、天然水を選ぶ際はよく吟味しましょう。
天然水は、非常に手間暇がかかるお水なので、その分値段もRO水と比べると1.5倍ほど高くなってしまいます。とにかく気軽でたくさんお水を飲みたいという方は、コストパフォーマンスが高く、安全性の高いRO水がおすすめです。
ワンウェイウォーターのRO水は、独自の製造方法によりバランスよくミネラル分を含んだお水です。一般的なRO水のように、水道水をろ過処理して、ミネラル分を添加しただけのお水ではないので、味わいにも違いが感じられます。

新規お申込み 水の追加注文 配送内容変更

ウォーターサーバー

らく楽スタイルサーバー smart スタイリッシュサーバー(ショート) お掃除ロボット一体型ウォーターサーバー acro

ミネラルウォーター

プラスプレミアム 富士の銘水「彩(SAYA)」 奥京都三岳山麓「京の湧水」 九州日田「天寿の水」
ページ上部へ戻る